スポンサーリンク

ASVとは?自動車の安全運転を支援する先進技術の紹介

自動車の事故を防ぐために、最新の技術が活用されている。その一つがASVだ。自動車に様々なセンサーや装置を搭載し、ドライバーの安全運転を支援するシステムのことだ。衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報装置など、多くの機能がある。このブログでは、ASVの概要やメリット、搭載されている機能について紹介する。

ASVとは?自動車の安全運転を支援する先進技術の解説

自動車の安全運転を支援する先進技術として、ASV(Advanced Safety Vehicle)がある。

ASVとは、自動車に搭載されたセンサーやカメラ、レーダーなどの装置を用いて、周囲の状況を把握して運転者に情報を提供したり、自動的に制御したりするシステムだ。

交通事故の発生を防止したり、被害を軽減したりすることを目的としている。

歴史は、1991年に日本で始まったと言われる。当時、国土交通省(旧運輸省)が、自動車の安全性を向上させるための研究開発プロジェクトとして、ASVの構想を発表した。

その後、自動車メーカーや大学などの研究機関が協力して、ASVの技術開発や実証実験を進めてきた。

現在、ASVは第6期(2021年度~2025年度)に入っており、自動運転やコネクテッドカーなどの最新技術を取り入れたASVの実現に向けて、さらに研究が進められている。

ASVには、様々な機能がある。例えば、以下のようなものが挙げられる。

衝突回避支援機能:前方や後方、横方向などに障害物や歩行者などがいる場合に、警告音や表示などで運転者に知らせたり、ブレーキやハンドルなどを自動的に操作したりして、衝突を回避または軽減したりする。

車線逸脱防止支援機能:車線をはみ出そうとする場合に、警告音や表示などで運転者に知らせたり、ハンドルやアクセルなどを自動的に操作し、車線内に戻す。

先行車追従支援機能:前方の車との距離や速度を自動的に調整して、安全な走行を支援する。

夜間走行支援機能:暗い場所や夜間に走行する際に、ヘッドライトの光量や方向を自動的に調整したり、暗視カメラや赤外線レーダーなどで周囲の状況を映像化したりして、ドライバーの視界を手助けする。

駐車支援機能:駐車場や路上などでの駐車を支援する機能だ。カメラやセンサーなどで駐車スペースや障害物を検知し、適切な駐車位置や駐車方法を運転者に示したり、ハンドルやブレーキなどを自動的に操作したりして、駐車を容易にする。

ASVの機能は、自動車の安全性だけでなく、快適性や環境性能にも貢献している。例えば、衝突回避支援機能や先行車追従支援機能は、運転者の疲労やストレスを軽減するとともに、燃費の改善や排気ガスの削減にもつながる。

また、夜間走行支援機能や駐車支援機能は、運転者の不安や不便を解消するとともに、交通の円滑化や駐車場の有効利用にも寄与する。

ASVは、自動車の安全運転を支援する先進技術として、今後もさらに進化していくだろう。ASVの技術を活用することで、交通事故のない社会や、運転の楽しさや快適さを高める社会を実現することができるかもしれない。

ASV搭載車のメリットとおすすめの車種一覧

ASV搭載車には、どのようなメリットがあるのでしょうか?また、どのような車種がASV搭載車としておすすか?ASV搭載車のメリットとおすすめの車種一覧をご紹介する。

ASV搭載車のメリット

ASV搭載車には、以下のようなメリットがある。

交通事故の防止や被害の軽減:周囲の状況をセンサーやカメラなどで把握し、運転者に情報を提供し、自動的に制御する。それにより、交通事故の発生を防止したり、被害を軽減したりする。

例えば、前方や後方、横方向などに障害物や歩行者などがいる場合に、警告音や表示などで知らせ、ブレーキやハンドルなどを操作を行う。

運転の快適性や楽しさの向上:運転の負担や疲労を軽減することで、運転の快適性や楽しさを向上させる。

例えば、前方の車との距離や速度を自動的に調整して、安全な走行を支援する機能や、車線をはみ出そうとする場合に、ハンドルやアクセルなどを操作して、車線内に戻す機能がある。これにより、運転者は、細かな操作に気を取られずに、運転に集中したり、景色や音楽などを楽しんだりすることができる。

環境性能の改善:前方の車との距離や速度を自動的に調整することで、急ブレーキや急加速などの無駄な燃料消費を減らしたり、夜間にヘッドライトの光量や方向を自動的に調整することで、対向車や歩行者への眩しさを防いだりする機能がある。これにより、運転者は、環境にやさしい運転をすることができる。

おすすめのASV搭載車種一覧

ASV搭載車は、国土交通省が定めた基準に基づいて、5段階のランクに分類されている。ランクが高いほど、機能が充実している。ここでは、ランク5のASV搭載車の中から、おすすめの車種を一覧でご紹介する。

車種メーカー新車販売価格
プリウストヨタ2,598,000円~
レヴォーグスバル3,190,000円~
ノート日産1,982,000円~
フィットホンダ1,760,000円~
デミオマツダ1,650,000円~

ASV割引対象とは?

ASV搭載車は、交通事故の防止や被害の軽減、運転の快適性や楽しさの向上、環境性能の改善など、多くのメリットがある。

しかし、ASV搭載車は、一般的な自動車に比べて価格が高いというデメリットもある。そこで、ASV搭載車の普及を促進するために、国や自治体、保険会社などが、ASV搭載車の購入や保険料に対して、割引や補助金などの優遇措置を行っている。

国土交通省が定めた基準に基づいて、5段階のランクに分類されている。ランクが高いほど、ASVの機能が充実している。ASV割引対象となるASV搭載車のランクは、以下の通りだ。

ランク5:ASVの機能が最も充実している車種だ。衝突回避支援機能や車線逸脱防止支援機能など、ASVの主要な機能がすべて搭載されている。また、自動運転やコネクテッドカーなどの最新技術も取り入れられている。
ランク4:ASVの機能が充実している車種だ。衝突回避支援機能や車線逸脱防止支援機能など、ASVの主要な機能がほとんど搭載されている。ただし、自動運転やコネクテッドカーなどの最新技術は取り入れられていない。
ランク3:ASVの機能が一定の水準に達している車種だ。衝突回避支援機能や車線逸脱防止支援機能など、ASVの主要な機能の一部が搭載されている。ただし、機能の範囲や性能は限定されている。
ランク2:ASVの機能が最低限の水準に達している車種だ。衝突回避支援機能や車線逸脱防止支援機能など、ASVの主要な機能の一部が搭載されている。ただし、機能の範囲や性能は非常に限定されている。
ランク1:ASVの機能がほとんどない車種だ。衝突回避支援機能や車線逸脱防止支援機能など、ASVの主要な機能のほとんどが搭載されていない。また、搭載されている機能も、非常に低い水準のものだ。

このランクは国土交通省のホームページで確認することができる。また、各メーカーのホームページやカタログなどでも、ASV搭載車のランクを表示している。一般的には、ランクが高いほど、優遇措置の内容や金額が大きくなる。

ASV割引対象となるASV搭載車の優遇措置の例

自動車税の減税
自動車取得税の減税
自動車保険料の割引
自動車購入補助金

ASV割引対象とは、ASV搭載車の購入や保険料に対して、割引や補助金などの優遇措置を受けることができるる。

ASV割引対象となるASV搭載車を購入することで、自動車の価格や保険料などの負担を軽減することができる。ASV割引対象となるASV搭載車に興味のある方は、ぜひ、上記の点を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました